引っ越し後の手続きは何かと面倒!

引っ越しで心機一転!でも、こんな点が辛い!

私達の周りには、社会人や進入学などで、春から一人暮らしを始めると言う人も多いようです。

 

しかし、一人暮らしをすると言うことは、それまで実家などで暮らしていた場合、引っ越しをしないといけませんので、それはそれで面倒なものでもあります。

 

この引っ越しですが、こんな点が面倒で、厄介だと言う人も少なくありません。

 

 

[ 1 ] 住民票の移動などの届け出が面倒!

 

例えば、一人暮らしでも、住所が変わった場合には、市役所に住民票の移動届を出さないといけないこともあります。

 

そのため、引っ越しをした際には、出来るだけ早く、新しい住所の最寄りの市役所に、転居届を出さないといけません。

 

また、子どもがいる場合には、手続きをしないと、児童手当が振り込まれないこともありますので、忙しくても時間を取って、市役所に行くことが必要となります。

 

郵便物なども、放置しておくと、以前の家に届きますので、連絡しないといけません。

 

[ 2 ] ガスなどの光熱費の連絡が面倒!

 

それに、引っ越し先では、水道が使えないと、トイレに入ることも出来ませんので、引っ越しが決まったら、ガス、電気、水道会社に連絡を入れないといけません。

 

これらは、生活に欠かせないものですので、引っ越し直前に連絡をしても、すぐに開通してもらえる場合も中にはありますが、厄介なのは、インターネットの電話回線です。

 

これは、回線工事に時間が掛る場合があるため、引っ越し間際に連絡を入れると、しばらく待たないと使えないこともあります。

 

インターネットや電話は、スマートホンなどがあれば、そんなに重要では無いと思いがちですが、インターネットが使えないと、仕事などにも影響が出てしまう場合には、水道会社などと同じくらいに、一か月前には連絡をいれておきましょう。最速を求めるならWimaxの方が早いです。(参考:wimaxキャンペーン比較

 

この他にも、引っ越しの際には、新しい転居先に挨拶に行ったり、荷作りをしたりと何かと忙しいものです。

 

そのため、出来る限り早いうちに、荷作りなども始めておき、ある程度まとめておくほうが無難でしょう。

 

それに、引っ越し業者にお願いする時には、どのようなコースで、どれぐらいの金額になるのかも、きちんと確認しておくほうが良いかと思います。料金が格安引っ越しだからといって引っ越し内容もスムーズとは限りませんしね。

page top